NEW


ノイズ

無音に堪えられるか?時に人は静寂を求める。しかし、静寂を手に入れた瞬間、社会から抹殺されたような恐怖に怯える。雑音が雑音と感じないことが一生懸命に生きている証なのかもしれない。