現代墨絵作家「あんぼまこと」の作品を世界に!

解禁!滲み画の技法を公開!


① たっぷりの水をつけます。水の表面張力を生かすことが重要です。

 

② 線や影にしたい場所に墨を入れます。水が紙に浸透する前の墨入れがポイント。

③ 余分な水を吸い取ります。滲み画はこのパーツの集合体で描くのですが、立体感を出すためには乾いた上から何十層にも重ね描かなくてはならず、とても多くの時間と根気の必要な作業なのです。


滲み画の完成(^_^)a
 
1993年、一滴の零したコーヒーから生まれた滲み画はそれなりに評価を受けるまでになりました。しかし今まであった墨絵と多少技法が違えども見た目にも大きな差はなく、新しい墨絵として世に出て行くにはまだ弱すぎました。もっと特別で、もっと繊細に、そしてもっと安保らしい白と黒の世界を目指すべく描き研究し続け、1994年32歳、現在の滲み画のスタイルが完成しました。偶然から生まれたとはいえ、自分だけの絵のスタイルができた喜びは 憧れだったアーチストへの道がとても身近に感じ始め、この世界でもう少し頑張ってもいいよ!と神様からお許しをもらったようでした。この時どこからともなく降りてきた見えないチカラ、新しい自分だけの光と影は確かにこの身体にゾクゾクと感じていました。安保真         

作品の無断使用 及び 無断転用禁止